脱サラ

脱サラしたい!

脱サラしたい!と考えている方へ

脱サラしたいけど、どうすればいいのか、
次何をすればいいのかわからないと思っている方必見のサイトです!

■TOP
■安易な考えでは失敗する
■記事
■記事
■記事
■記事

安易な考えでは失敗する

今の仕事かつまらない、もっとお金を稼ぎたい、本当にやりたい事を追求したい。

会社脱サラして、起業したのは良いが
多額の借金だけを背負ったまま失敗に終わる人が多いが現実です。

企業の理由や、元の職種・立場は人それぞれですが、
「経営マネジメント」の経験が無い人は失敗する率がかなり高くなります。

例え会社でマネジメントの経験がある人でも、
会社の方針・企画・事業を他人(会社)のお金・人脈を使って
マネジメントをしていたことになります。
起業する場合は、自らの意思で経営方針を考え、決断や行動し
自分の人脈やお金を使って自分をマネジメントする事とはまた違ったものです。

「他人に使われるのはもう嫌だ」と言う理由だけで脱サラし、起業したのであれば
間違いなく失敗するでしょう。
もし、何とか会社を維持する事が出来たとしても
マネジメント能力が無ければ、何とか取ってきた仕事を
相手に言われるがままの金額でしか仕事を請け追えない様であれば
「下請け会社」として「他人に使われる」事になります。

始めはそれでもいいから、自分のやりたい仕事を続けるという
強い意志と、計画性が無ければ会社を辞めてまで起業した意味がありません。

熱意や意思はあっても、
金銭面的に自分の会社を維持する事が出来なくなる事も考えられます。
起業に費用を費やし、仕事が上手くいかなければ給料も出ない
無計画な起業は大きな借金を作るだけに終わってしまいます。
家族税員を路頭に迷わす結果にだけは終わらせたくありません

・何故脱サラしたいのか
・どんな意思や目標を持って新しい事に挑戦するのか
・生活をしていく収入を得られるのか
最低限度、自分の本心はどうなのかよく考えてみて下さい。
新しい事がしたいのであれば、副業や転職ではダメなのかも考えてみて下さい。
よく考えた上で、それでもどうしても共戦したいと思得るならば
脱サラの決断をしても良いのではないでしょうか。


Copyright (c) 2012 All Rights 脱サラしたい!